ベルリオーズ:幻想交響曲(5CD)

幻想交響曲 ベルリオーズ

Add: enyre4 - Date: 2020-12-11 16:55:02 - Views: 939 - Clicks: 6797

幻想交響曲(げんそうこうきょうきょく、Symphonie fantastique)作品14(H. 48 第5楽章:サバトの夜の夢 6. · 前代未聞のベルリオーズ “幻想交響曲”オルガン版、しかも朗読付きで ベルリオーズの『幻想交響曲』(1830年作曲)といえば、ストーカー的な恋愛、過剰な自己愛、誇大妄想狂、破滅願望、薬物中毒、怪奇趣味な. ベルリオーズ:幻想交響曲(5CD) . プログラムによれば、第3楽章と第4楽章の間で大きな転換が存在している。芸術家は恋に絶望し自殺を図る、死にきれずに見る幻覚の中で芸術家は恋心を抱く女を殺し死刑判決を受ける、というもの。物語は大きく飛躍し、自殺の決意と実行・そして殺害という最もドラマティックな事柄が音の情景から完全に抜け落ちているのだが、ベルリオーズがそれに頓着した様子は無い。標題ではなく音楽が先にあったことの証左ではなかろうか。 この楽章は、犯罪者がギロチンによる処刑場へと追い立てられ、それに観衆が喝采を送るという邪悪な行進曲である。フランス革命の直前に実用化されたギロチンは、絞首台による処刑と違って断末魔に苦しむこと無く瞬時に全てを終わらせ、また首切り役人が斧を振り下ろす処刑に比べて汚れ役を担う人間もいない、ということで極めて合理的で人道的な、フランス革命の理念と人類の進歩にふさわしい処刑道具だとされフランスで急速に広まった処刑法であった。フランス革命は多くの人間が「反革命」とされ公開処刑が行われギロチンにかけられたのだが、人々は革命という「正義」の実現が行われるとして、この公開処刑に喝采を送ったのだった。 ベルリオーズの時代はフランス革命による流血は既に遠いものとなっていたが、ギロチンによる公開処刑はまだ身近であった。刑場へ向かう犯罪人、それに正義が実現されるとして喝采を送る観衆。処刑が一大スペクタクルであった時代の風景である。 ここの音楽も完全な転用で、結局は未完に終わったオペラ《宗教裁判官》からの一場面、「衛兵の行進」をほぼそのまま使用している。処刑の直前になってイデー・フィクスが姿を見せるが(④)、この箇所以降のわずかな部分だけが《幻想交響曲》にあたって追加された部分である。処刑の直前、彼女の姿を思い浮かべるも、ギロチンの刃によって無慈悲に断ち切られるイデー・フィクス、ころがる首、「正義」の実現に大いに沸き立つ大衆。優れた芸術作品は時代の断片を鮮やかに切り取ってみせることがあるが、《幻想交響曲》においてはフランス革命とそれ以降現在にまで続く、「正義」の実現に喝采を送る大衆の姿を鮮烈に描いた第4楽章がそうであろう。しかも、その音楽は当初は別の情景のために作曲されたものであった。結果として、ベルリオーズの天才が、時代を生々しく刻印した音楽となった。. 【曲目】 (1)ベルリオーズ:幻想交響曲 作品14 (2)ビゼー:歌劇『カルメン』より 3つの間奏曲 (3)ビゼー:『アルルの女』より『ファランドール』. 幻想交響曲作品14はフランスの作曲家、エクトル・ベルリオーズが1830年に作曲した交響曲です。 1827年、パリ音楽院に入学しフランスの作曲家の登竜門として有名なローマ大賞に挑戦していたベルリオーズはパリでイギリスのシェイクスピア劇団による「ハムレット」を観る機会を得ます。 そこでオフィーリア役を演じる女優ハリエット・スミスソンに一目惚れしたベルリオーズは手紙を出したり、面会を申し込むなど猛烈なアプローチを始めます。 しかしこの想いはベルリオーズの一方的なもので、その歪んだともいえる激しい情念はやがて交響曲と言う形で昇華していきます。 1855年に作曲者自身が記したプログラムには次のように書いてあります。 アヘンで服毒自殺を図る若き音楽家とはもちろんベルリオーズ自身を投影していて、作品には「ある芸術家の生涯のエピソード」と言う副題が付けられています。 この作品が作曲された1830年にはベルリオーズはピアニストのマリー・モークと恋愛関係にありました。 彼女とは婚約にまで至りますが、翌1831年に彼女の母親によって破局させられることになります。 モーク母娘を殺して自分も死のうとしたほどの激情に駆られたベルリオーズでしたが結局は思いとどまり、その後スミスソンと運命的な再会を果たすことになります。 結局1833年にスミスソンと結婚し当初の想いを果たしたベルリオーズでしたが、ほどなく二人の関係は冷え込みやがて別居することになります。 1845年の出版に際しては作曲家自身によって解説されたプログラム・ノートを配布するように要請されています。.

//再生に問題はなさそうです。 ・≪落札代金3000円以上の場合≫レターパックプラスを400円で提供します。 普通サイズ(厚さ1cm)CD 14枚まで。 ゆうパケットは郵便局窓口受付のみを利用しています。 発送詳細 複数落札・同梱【できます!おとり置きは72時間以内。(「まとめて取引」利用時間. ベルリオーズは優秀な医者の息子として生まれました。 そのためベルリオーズの使命はその後を継ぐことであり、彼は専門的な音楽教育を受けないままパリの医科大学へと進みます。 ベルリオーズが秀でて演奏できる楽器はなかったと言われています。 しかし、音楽の情熱が溢れていたベルリオーズは医科大学の後に1826年にパリ音楽院へ進みます。 そして音楽を専門的に勉強し、ローマ大賞と呼ばれる作曲者に送られる優れた賞を受けるまでになります。 これは彼が5回目に応募してようやく得た賞で、彼の努力が実った瞬間でもありました。 医者の跡取りから音楽家へと見事に転身したのがベルリオーズなのです。. 【中古:盤質s】 アルティメット・ベルリオーズ(幻想交響曲:メータ&ニューヨーク・フィル、レクィエム:マゼール&クリーヴランド管、他)(5CD) - ベルリオーズ()のページをご覧の皆様へ. 「Berlioz ベルリオーズ / 幻想交響曲、ロメオとジュリエット、他 ムーティ&フィラデルフィア管弦楽団、他(5CD)【CD】」の通販ならLOHACO(ロハコ)! ヤフーとアスクルがお届けする通販サイトです。. 48 第4楽章:断頭台への行進 5. これは作曲者自身が記したプログラム・ノートです。恋に絶望した若い芸術家がアヘンを吸って夢を見ている場面です。 まずはこの第4楽章「断頭台への行進」をダイジェストで聴いてみましょう。 ヤニック・ネゼ=セガン指揮:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団. More ベルリオーズ:幻想交響曲(5CD) videos. 怒りの日 : 7: 幻想交響曲 第5楽章:c.

そんなベルリオーズの大作、「幻想交響曲」をぜひ会場でお聴きください。 参考文献. クラシックミュンシュ(シャルル)『ベルリオーズ:幻想交響曲』のレンタル・通販・在庫検索や視聴。名曲などのおすすめ. 幻想交響曲 第3楽章:野の風景(アダージョ) 4: 幻想交響曲 第4楽章:断頭台への行進(アレグロ・ノン・トロッポ) 5: 幻想交響曲 第5楽章:a. ベルリオーズ:幻想交響曲/イーゴリ・マルケヴィチ,ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団(po.),コンセール・ラムルー管弦楽団(o.) 即決 1,380円. ベルリオーズ:幻想交響曲 - ヘルベルト・フォン・カラヤン - cdの購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. .

序曲「宗教裁判官」作品3: タイアップ情報: 幻想交響曲 作品14,h. シカゴ交響楽団(The Chicago Symphony Orchestra/CSO) アメリカのオーケストラ 指揮:ステファヌ・ドゥネーヴ(Stéphane Denève/1971年-) フランス生まれの指揮者. lp1-a面 第1楽章:夢―情熱 第2楽章:舞踏会 lp1-b面 第3楽章:野の情景 lp2-a面 第4楽章:断頭台への行進 第5楽章:サバトの夜の夢 lp2-b面 宗教裁判官.

『幻想交響曲』は、フランスの作曲家ベルリオーズが1830年に作曲した最初の交響曲。 失恋による絶望から服毒自殺を図った若い音楽家の幻想と夢が描写されている。実は、このストーリーはベルリオーズ自身の実体験が元になっている。. 管理人おすすめの名盤はこちら! ベルリオーズ:幻想交響曲 op. 幻想交響曲はベルリオーズが実際に体験した失恋を音楽にしたものです。 ベルリオーズは1827年にパリで、イギリスのシェイクスピア劇団による「ハムレット」を観劇しました。 パリ音楽院へ進学した1年後の出来事です。 そのときにオフィーリアを演じたハリエット・スミスソンにベルリオーズは恋をしてしまいます。 ただ当時の人気女優とただの学生では出会う機会もなく、つり合いもとれません。 面識のない片思いで、ベルリオーズは手紙を送るなどして思いを伝えましたが、その思いは成就することはありませんでした。. 【幻想交響曲】 ベルリオーズの 幻想交響曲で、あなたがこれは名演奏と思うものを教えてくださいませ。 特に第4楽章「断頭台への行進」このクライマックス部分が、おどろおどろしく表現さ れているものを希.

エクトル・ベルリオーズ (Hector Berlioz, 1803~1869) の『幻想交響曲』(Symphonie fantastique) 作品14は1930年に初演された作品です。このページでは、幻想交響曲の解説のあと、お薦めの名盤をレビューしていきます。. 普通の人はこのアバド盤まで聴けば満足するはずです。クラシックに明るくない人でもここまではイケるはずです。シカゴ響の管楽器軍団の底力が十二分に発揮されており、聴き応えはバッチリです。これより音圧のある録音はありません。 ただしそれが幻想交響曲だけあって、全員が強奏しても音が全然割れないので、悲壮感が無く狂気もそこまでありません。4楽章でいくらバストロンボーンが音を割り、チューバがピョンピョン飛び跳ねようとも、周りが目立たなくします。 5楽章もどんちゃん騒ぎをしていますが、筋肉モリモリのマッチョマンがお化け屋敷でお化けの真似をしているようなもので、全然怖くありません。サバトとは何かだって?そうだね、プロテインだね!といったしょうもないギャグをかまされた気分になります。私はしょうもなくウケますけど。 いくら奏者が最強であっても最狂にはなれません。シカゴ響の強さとアバドの分かりやすい音楽性が、かえって幻想の雰囲気を損なわせている気もします。フランス臭さとも無縁です。私は好きですけど。. ジャケットの絵を見ただけでSAN値を減らされますが、聴こえてくる音楽は至って平凡です。パリ管の無駄使い。バレンボイムさんは後年に他の楽団とも幻想交響曲の録音を残しますが、その中ではこれが一番まともです。 このバレンボイムさんという指揮者はこの後、儚くも短命に終わった悲劇の某チェリストの夫となり、その妻が病に伏し余命幾許も無い状況でも浮気をするサイコパス野郎となるにも関わらず、この幻想交響曲にはそこまでシンパシーを感じないようです。 彼はワーグナーと”トリスタンとイゾルデ”の方に共鳴するみたいです。シェーンベルクの”浄められた夜”も得意なようです。彼のそういう音楽を楽しませてくれる所だけ私は好きです。尊敬します。普通の男女の恋愛ドラマに満足できない変態野郎なのに、幻想の方は残念でなりません。発狂すれば面白いのに。. 処刑された芸術家は魔女の響宴に遭遇する。ここで魔女の宴が登場するのは、ベルリオーズがゲーテの『ファウスト』に夢中になったからである。この第5楽章は、『ファウスト』第一部に描かれた魔女の宴を音楽化したものに他ならなかった。 第5楽章が始まってすぐに狂乱は高まりを見せ、イデー・フィクスも姿を見せる(⑤)。芸術家が殺した女性は、魔女となって宴に参加しているのだった。グロテスクに変形されたイデー・フィクスは、変わり果てたその女性の姿を表現している。 狂乱は一旦静まる。そこに、ベルリオーズと同時代のフランス人にとっては非常になじみのある旋律が姿を現す。それはグレゴリオ聖歌の「怒りの日(ディエス・イレ)」の旋律である(⑥)。カトリック教会で歌われる死者のためのミサ曲の一つで、グレゴリオ聖歌の「怒りの日」の成立は13世紀後半と考えられている。ベルリオーズは魔女の宴に「怒りの日」を登場させることによって、観客に死のイメージを、さらに2本のオフィクレイド(もしくは2本目をセルパンで。セルパンは実際に教会で「怒りの日」が歌われる際に伴奏に使用されることもある楽器だった)という当時の軍楽隊で使われた楽器で演奏させることによって、元のグレゴリオ聖歌のもつ清廉なイメージからかけ離れたグロテスクな響きを生み出し、教会を愚弄する魔女の宴という禍々しいイメージを想起させることに成功している(オフィクレイドもセルパンも過渡的な楽器で、ベルリオーズは新しく開発されたチューバを知った後は、オフィクレイドの代替としてチューバを指定するようになった。今日では古楽器オーケストラの演奏でない限り、ほぼ例外なくチューバで演奏される)。 また、この「怒りの日」の旋律の登場の前に、鐘の音が響き渡る。鐘はオペラでは使用されることはあっても、器楽作品で使用されることは無い楽器であった。ベルリオーズはここに鐘を登場させ、死と禍々しさを絶妙に演出しているのだが、ベルリオーズはここで低い音の鐘を指定している。現在の演奏では高い音の鐘が使用されるのが専らであるが、それはベルリオーズの指定とは異なっている。ベルリオーズは低い音の鐘が用意できなかった場合、ピアノで代奏すべし、とわざわざ注意書きを入れているのだ。本日の演奏は、演奏効果を考え鐘は使用するが、低い音の響きを得るためにピアノを併せて使用することとした。 曲はこの後、狂. ベルリオーズ:幻想交響曲、ドビュッシー:交響詩「海」 (Berlioz: Symphonie fantastique / Debussy: La Mer) 日本語解説付 ドビュッシー, ベルリオーズ 他.

「夢—情熱」という標題が付けられたこの小節は、長いゆっくりとした序奏で始まる。不安と焦燥を感じさせ、どこか落ち着きの無いその音楽は恋に捕われた芸術家の心情を見事に表現しているようであるが、このメロディは少年期に作曲した歌曲の素材を使用したもの。その後、快活なテンポの主部に入るが、ここで現れるのがイデー・フィクス(固定観念)と作曲家自身によって定義された、芸術家が思いを寄せる女性の姿である。このヴァイオリンとフルートによって奏でられるメロディ①は、この交響曲全体に渡って姿を現し、標題とプログラムに沿った有機的関連を交響曲全体にもたらしている。このイデー・フィクスの主題も《幻想交響曲》オリジナルのものではなく、1828年作曲のカンタータ《エルミニー》で既に使用されたものであった。 恋の高揚と混乱、そして最後には束の間の恋の休息を得てこの楽章は終わる。. 第1楽章「夢、情熱」 冒頭の静かで物悲しい序奏は恋する人に出会うまでの漠然とした憂鬱でしょうか。 ベルリオーズがスミスソンに出会うのは23歳の時、心を焦がす激しい恋情、それと交差する嫉妬などが描写されています。最後は我に返り敬虔な気持ちを思い返したかのように静かに終わります。 第2楽章「舞踏会」 舞踏会のざわめきの中で再び愛する人と出会います。 ハープの美しい音色に乗って舞踏会が始まります。軽やかな舞踏会の旋律の中に夢に見た彼女があらわれます。 第3楽章「野の風景」 舞台上のイングリッシュホルン(コーラングレ)と舞台裏のオーボエが演奏する牧歌の二重奏。舞台裏のオーボエの牧歌は遠くから風に乗って聴こえてくるかのようです。 しばし訪れた心の平安のようですが、再び彼の心に不安が押し寄せます。最初は二重奏を奏でていた旋律が最後は遠雷が響く中イングリッシュホルンのみで奏されます。(35:47) それはあたかも答えてくれる人がいない孤独を感じているかのようです。プログラム・ノートには次のように記されています。 第4楽章「断頭台への行進」 嫉妬に狂った芸術家が、夢の中で愛する人を殺して死刑を宣告され、刑場へ連れていかれる場面です。 曲の最後はギロチンが首をはねる打撃音が響き、ファンファーレで締めくくられます。 フランス革命によりルイ16世と王妃マリー・アントワネットがギロチンにより処刑されたのは1793年のこと。当時はまだ記憶に新しかったことでしょう。 そう考えると相当センセーショナルな音楽であったように思いませんか? 第5楽章「サバトの夜の夢」 終楽章はまだ悪夢の霧の中を彷徨っているかのような不気味な響きで幕を開けます。 魔女の饗宴がはじまりそこにやってきた愛する彼女も最早狂ってしまっているのか、はたまた狂っているのは自分自身なのか、あらゆる喧噪の中で様々な音楽が交差します。 弔いの鐘が響き低音楽器による死者のためのミサ「怒りの日」が奏されます。(46:30) 狂乱の饗宴は激しさを増し、熱狂の内に幕を閉じます。. 29 発売/8709. ベルリオーズの『幻想交響曲』。「鐘」。 わたくしは、フォン・カラヤン/BPO盤の「鐘」が好きです。 これを聴いてしまうと、総譜の指定よりもはるかに高い音高の鐘を用いている普通の演奏が聴けなくなってしまいます。 誤解を恐れずに思いきって書くならば、ベートーヴェンが発展させ、マーラーにその終着駅があると以前に書いた、交響曲という音楽ジャンルの中間駅は、ベルリオーズの幻想交響曲だ。 歴史的に見て何がすごいのかといえば、初めての本格的な「標題音楽」であるという点と、それと大きく. 今日12月5日(木)は、ベルリオーズの「幻想交響曲」作品14が初演された日です。 昨日の写真より 榛名山(はるなさん)を背景に 「幻想交響曲」より第4. これもジャケットの絵(一番↑にあるゴヤの”呪文”)でSAN値が削られる気がしますが、こっちは中身が伴っています。この録音あたりから4楽章の演奏が荒れ始めます。 弦楽はまだまだクソ真面目なものの、バストロンボーンが唸りをあげます。やっぱりこうでなくちゃ。ただし4楽章はリピートの繰り返しも演奏しているため、のめり込み辛い演奏であることは確かです。テンポを全然揺らさない中、首をギロチンした直後にやっと少しだけ本性を垣間見せます。 5楽章も弦楽は理性的であるものの、怒りの日からは不気味なアクセントを伴ってチューバが荒れ狂います。金管はフランスのオケでもないのに良くやったな、と思います。弦楽の連中が終始冷めているのであくまで冷静な演奏です。.

Sir John Barbirolli / ジョン・バルビローリ「Berlioz: Symphonie fantastique, Op. ベルリオーズ / 幻想交響曲 op. チョン・ミュンフンの1枚は4,5楽章の熱気や狂気こそ全然ありませんが、3楽章までの情熱の爆発には一聴の価値があります。本場おフランス、パリ歌劇場の管弦楽団だけあって、喜びの感情を表現することは朝飯前です。 やるだけやった後の1楽章最後のコラールはさながら賢者タイムのように感じます。2楽章のワルツも優雅に過ぎます。4,5楽章しか聴かないファッション幻想フリークは、チョン・ミュンフンの爪の垢を煎じて呑むべきです。. ビーチャム大先生は、その生涯を通してベルリオーズで腕を鳴らして来たプロ中のプロです。誰でもやりそうなヤワな解釈はしてきません。またフランスのオケともなれば弦楽も手を抜きません。ラッパとバストロンボーンで幾ら荒らされようと必死に対抗してきます。 ビーチャム盤は何と言っても、4,5楽章の吐き気を催すテンポの遅さから、じわじわとこちらの正気が嬲られているような気分にさせられます。 5楽章なんか、こんな地獄めいた音楽から早く抜け出すカタルシスを感じたいのに、いつまで経っても抜けられる気がしません。愛する人を想う固定楽想(イデー・フィクス)が出てきて加速し、このまま行ってくれ!と思いきや、怒りの日の直前でまた大減速します。もうお手上げです。オフィクレイドとバスーンが叫ぶ怒りの日は不気味過ぎます。それからはずっと遅いテンポのまま。盛り上がって狂喜乱舞する場面でもテンポは不変。むしろちょっと遅くなる。意味がわからない。これまたえげつない弱奏と強奏の繰り返し。これを地獄と言わずなんと言いましょうか。真面目に聴こうとすればするほど狂気のドツボに嵌っていく1枚です。. See full list on romantic-classic. 幻想交響曲 作品14,h. See full list on chibaphil. 14 & Extraits de La Damnation de Faust, Op.

交響曲「イタリアのハロルド」 1834年作曲、同年12月23日パリ音楽院ホールで初演。パガニーニが「ヴィオラ独奏のための作品を書いてほしい」と依頼してきたから書いた、というベルリオーズ自身の回想が残っているが、それは歴史的に正しくないらしい。. ベルリオーズの作品の中で最も良く知られている『幻想交響曲』ですが、彼の作品の中では最も初期の楽曲です。1830年の作品で、26歳という若さでした。完成後、同年の12月にパリにおいて初演が行われ、ベルリオーズは一夜にして話題の人となります。 それは『幻想交響曲』の. クラシックチェコ・ナショナル交響楽団『ベルリオーズ:幻想交響曲』のレンタル・通販・在庫検索や視聴。名曲などのおすすめの作曲家情報。収録曲:幻想交響曲 作品14::第1楽章 : 夢 - 情熱、第2楽章 : 舞踏会、第3楽章 : 野の情景、第4楽章 : 断頭台への行進、第.

最初の構想では第2楽章と第3楽章の順序が逆だった。オーボエとイングリッシュ・ホルンの対話でこの楽章は始まる。ベルリオーズによるプログラムでは二人の羊飼いの対話であるという。 ベルリオーズはここでもまた新機軸を見せる。オーボエを舞台上では無く舞台裏で演奏するように指示したのだ。対話するに二者のうち、観客の焦点は舞台上のイングリッシュ・ホルンに集中する。演奏者に実際に距離を設けて音響空間を設計するというこの手法は、オペラではオーケストラピットとは別に舞台上の奏者が演奏する例もあるが、交響曲では前代未聞であった。 この楽章でもまた、イデー・フィクスが挿入的に姿を現す(③)。芸術家を襲う不安。不安は静まり、野の風景は静けさを取り戻し、イングリッシュ・ホルンは再び対話をはじめるが、それに対するオーボエの応えが無い。静かに、しかしまた高まる不安。遠くで雷鳴の音が聞こえる。ここでベルリオーズは、4台のティンパニを一人1台、計4人で叩かせ雷鳴の様子を見事に表現している。これもまた、オペラ的な作曲法であった。. 14 シャルル・ミュンシュ指揮 パリ管弦楽団 録音:1967年 「幻想交響曲」を得意としたミュンシュの複数ある録音の中でも屈指の名演です。 パリ管弦楽団の初代音楽監督に就任して最初の演奏会で取り上げた際の録音です。 録音も古くアンサンブルは荒々しい面も感じますが、ベルリオーズが内包する熱と狂気を感じさせる名演です。 「Amazon Music Unlimited」でいろんなアーティストの「幻想交響曲」を聴き比べてみませんか?まずは無料体験から! いかがでしたか?こちらの作品もぜひ聴いてみてください! お役に立ちましたらクリックをお願いします。 にほんブログ村 音楽(クラシック)ランキング 参考資料:後藤真理子監修「大人の観劇クラシック音楽ガイド」成美堂出版. 14 ピエール・モントゥー / ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 ♥ 「幻想」でフランス人の演奏というと、ミュンシュやマルティノンの前にピエール・モントゥーのものがありま し た。. 48 第1楽章:夢-情熱 曲のコメント:録音:年7月16,17日 アルフォールヴィル. See full list on vivaclassicalmusic. 【輸入盤】 アルティメット・ベルリオーズ(幻想交響曲:メータ&ニューヨーク・フィル、レクィエム:マゼール&クリーヴランド管、他)(5cd) - ベルリオーズ() - cdの購入は楽天ブックスで。. ★ベルリオーズ没後150周年最大話題盤、ロトと手兵レ・シエクル最新録音による「幻想交響曲」が、早くもsacdシングルレイヤーとlpで登場します。 ハルモニアムンディから提供のハイレゾ・マスターを用いて、関口台スタジオにて、SACDシングルレイヤー、LP.

48)は、フランスの作曲家 エクトル・ベルリオーズが1830年に作曲した最初の交響曲。. ベルリオーズ幻想交響曲名盤!ラッパ吹きのラッパ吹きによるラッパ吹きの為の決定盤!舞台上で幻想に包まれる!!. ここからはフランス音楽のシェフ・ドーケストル(Chef d’orchestre=指揮者)がお届けする真の幻想の世界です。指揮者も弦楽も管楽もパーカッションも関係ありません。全員(ライブ盤は聴衆も)が全員で幻想にのめり込む真の名盤となります。 フィルハーモニア管はイングリッシュで指揮者の色に染まりやすい無個性なオケでありますが、大巨匠クリュイタンスが降臨すればそれはフレンチなオケになります。少し前にはフルトヴェングラーやカラヤンに鍛えられ、クレンペラーという屁理屈に屁理屈で塗り固めた渋すぎる音楽を世に撒き散らした狂人首席指揮者がいた中でも、そこそこ頑張っています。 アバド盤の迫力に騙されてはいけません。1楽章からフランス情緒全開になります。えげつない強弱と緩急の付け方はまさにフランスのオケから出てくるものに瓜二つ。これだけやって初めてベルリオーズらしい愛の禍々しい狂気が現れてきます。 4楽章は比較的まともな感じがするものの、よく聴けばチューバが飛び狂っている上、5楽章から調子を戻してきます。最後のコーダでピッコロ/チューバが乱れる様は非常に痛快です。 また、ノイズが増してしまっても. tower records onlineは、cd、dvd、ブルーレイ、本、雑誌、各種グッズ、チケットなどが購入できる通販サイトです。ポイントは店舗・ネット共通!cd.

著 中島克磨 「ベルリオーズ 幻想交響曲作品14」 より解説 全音楽譜出版; 著 ヴォルフガング・デームリング 訳 池上純一 「ベルリオーズとその時代」 西村書店.

ベルリオーズ:幻想交響曲(5CD)

email: hapuje@gmail.com - phone:(828) 856-1118 x 4719

Until Spring - MAYBECK LIVE

-> (ENG)
-> 平成タイムボカン CD 4~カエッテキタマン

ベルリオーズ:幻想交響曲(5CD) - Heart Reanimate


Sitemap 1

オリジナル・コネクションズ・パート3 - リヴァイヴァル クリアウォーター アルティメット クリーデンス